アイキララはクマに効果あり?口コミレビュー!

アイキララに含まれている成分と期待できる効果

アイキララの成分を期待できる効果から解説しています。
成分からアイキララで目元の悩みが解消できる理由がわかります。

 

まずは、アイキララに含まれている全成分です。

 

アイキララ全成分

水、DPG、コメヌカ油、パルミチン酸エチルヘキシル、グリセリン、ベヘニルアルコール、

トリエチルヘキサノイン、ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル、セテス-25、ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸
パルミトイルテトラペプチド-7、パルミトイルトリペプチド-1、クリシン、N-ヒドロキシコハク酸イミド、ステアレス-20、
グルコン酸クロルヘキシジン、アンズ核油、アボカド油、カニナバラ果実油、ヒマワリ種子油、ナットウガム、BG、
ジメチコン、トコフェロール、コレステロール、シア脂、エチルヘキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル

 

DPG

ジプロピレングリコールという名称。保湿の高い成分です。

 

 

コメヌカ油

保湿効果の高い成分。オリザノールという成分が紫外線を吸収する働きがあり、メラニンの生成を抑制する効果もあります。茶クマを薄める効果が期待できます。

 

パルミトイルテトラペプチド-7、パルミトイルトリペプチド-1

血行促進の効果がある成分。血行不良による青クマの改善に期待できます。

 

ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル

保湿、抗菌作用があります。保湿は肌にとっては重要。保湿によってハリを保つ効果を期待できます。

 

ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸

アイキララの有効成分、MGAのことです。
ビタミンCの誘導体で、コラーゲンの生成を促します。
コラーゲンが生成されることで、ハリがでてきます。たるみによる黒クマにたいして効果が期待できます。

 

カニナバラ果実油

肌のツヤ、ハリを整える成分。オレイン酸、リノール酸、リノレン酸などの脂肪酸を含んでいます。

 

ヒマワリ種子油

保湿効果の高い成分です。オレイン酸の含有量が多く、抗酸化力が強いオイルです。
若返りのオイルとも言われ、エイジングケアでは注目の成分です。

 

トップページへ

 

 

 

 

 

 

page top